(2020/7/26 更新)


インペリアルサウンドでは感染症蔓延が収束するまで、

下記の感染症予防の取り組みを実施し、

メンバーならびにご家族のみなさんの健康を守ることにつとめます。


■隊としての取り組み

・下記の注意事項の徹底

・責任者は、参加者が特定できるよう参加者の氏名・連絡先の把握。


■全練習場所に関する注意事項

・参加者は,練習参加日の朝,自宅にて検温を行う

・常時マスク着用、但しブラスは例外あり、熱中症対策なども含め状況みて判断する

・人との間隔は、2m程度空け、体の接触を避ける

・対面になる場面をなるべく避け、近距離での会話や発声をする場面を防ぐ

・消毒液を使用し、除菌を行う

・練習開始前と食事前に手洗いうがいを行う(手洗い手順書の準備)

・昼食時は一定の距離(目安半径2m以上)とる、または屋外にて食事を行う

・他メンバーの楽器・スティック・手具等には極力触れない


■屋内練習での注意事項

・1時間に1度、施設内の換気を行う

・練習開始時に、使用するドアノブや手が触れるような箇所を消毒液等で除菌する


■練習当日次のような症状がある場合、パートリーダーに連絡をして練習に参加しない

 また下記のような症状が出た場合,直ちに練習日以外でも責任者へ連絡する

・37.5度以上の発熱があるとき

・風邪の症状があるとき

・倦怠感があるとき

・味覚、嗅覚に異常があるとき

・息苦しさがあるとき

・感染者の濃厚接触者であることが分かったとき


■特に公共交通機関を利用される場合は、マスクの着用や手洗いを念入りに行なうこと

■他メンバーに送迎をお願いする方は、乗車前に手洗い,アルコール消毒を念入りに行うこと


(2020/7/26 追記)


■練習中止の判断基準

2週間練習を中止

・メンバーで感染者がでた場合

・メンバーが濃厚接触者となった場合

解除されるまで中止

・愛知県内の公立学校が休校となった場合

・愛知県内で外出自粛要請があった場合

・緊急事態宣言が発令された場合(県独自の場合も同様)

副隊長が再開を判断するまで中止

・愛知県内の感染者数が50人を超えた場合

・副隊長が中止にすべきと判断した場合

■練習欠席についての補足事項

 下記に該当した場合、指定の期間練習を欠席とすること

2週間練習を欠席

・自身や同居人の会社または学校で感染者が出た場合

 (濃厚接触者以外)

・37.5度以上の発熱があるとき

・風邪の症状があるとき

・倦怠感があるとき

・味覚、嗅覚に異常があるとき

・息苦しさがあるとき

・海外からの帰国者(帰国から2週間)

宣言または要請が解除されるまで練習を欠席

・自身の会社または学校で外出自粛要請があった場合

以下、愛知県外在住のメンバーに関して

・在住の県で外出自粛要請があった場合

・在住の県で緊急事態宣言が発令された場合

・在住県内の感染者数が50人を超えた場合